生写真 全般

【乃木坂・欅坂・日向坂】生写真を高く売る方法!

こんにちは!管理人のよこちゃん(@sakamichi_fan46)です。

みなさんはアイドルの生写真を売るときはどうしてますか?

ネットで、メルカリなどのフリマサイトや、ヤフオクなどのオークションサイトで売ったり専門の買取サイトに売ったり、
店舗型のグッズ販売店に売ったりすることが多いかと思います。

今回は、生写真を少しでも高く売る方法をご紹介します!

レート(相場価格)を把握する

生写真を売るとき、真っ先にしなければいけないことは、レートを調べることです。

レートとは、メンバーごとの生写真の相場価格のことです。

例えば乃木坂46の最新生写真「花柄トップス」の齋藤飛鳥の相場価格はおおよそ4,200円です。

「花柄トップス」レート一覧参照。
乃木坂46 – 生写真〜最新レート表を完全公開!【売買・トレード向け】

特に初心者の方はレートを見ずに売りに出してしまい、損をしてしまうケースが多く見られます。
自分の持っている生写真のレートをしっかり抑えておきましょう!

メンバーごとにコンプリートする

シリーズのメンバーごとにコンプしているものが高く売れます。
例えば、「花柄トップス」シリーズの齋藤飛鳥の生写真は3種類あります。
3枚とも売る際は1枚1枚で売るよりも3枚コンプした状態で売る方が圧倒的に高く売れます。

もし2枚しか持っていない場合、あえて残りのもう1枚を買って、コンプ状態にしてから
打ったほうが高く売れる可能性すらあります。

フリマサイト・買取店について

生写真を売ることのできるフリマサイト・オークションサイト・買取サイトをまとめました。

フリマサイト

メルカリ
https://www.mercari.com/jp/

会員数も多く、即決で売れるのですぐに現金化することができます。
ただし、出品手数料で販売価格の10%取られます。
代金先払いのため、安心して売ることができます。

ラクマ
https://fril.jp/

メルカリ同様に即決で売ることができます。代金も先払いです。
メルカリよりは会員数は少ないですが、その分、売り手のライバルも少ないので、穴場かもしれません。
出品手数料も3.5%と、メルカリよりかなり低いのも魅力です。

ジモティー
https://jmty.jp/

「地元の掲示板、ジモティー」のCMでお馴染みのジモティーです。
メルカリ・ラクマに比べると会員数は少ないため、買い手の数も少ないです。
しかし、出品手数料は無料ですので、うまく買い手が見つかればお得な取引ができます。

オークションサイト

ヤフオク
https://auctions.yahoo.co.jp/

圧倒的な商品数・会員数を誇るヤフオクです。
オークション形式・即決形式と、販売方法が選べるのが魅力です。
オークション形式の場合、売り手が競い合ってくれて、価格が高騰することもよくあります。
また、郵送料も基本的には売り手負担の場合が多いのも有り難いです。
出品手数料で販売価格の8.64%〜10%かかります。

買取専門サイト

JUSTY
https://justy-consul.com/idols/

生写真を買取してくれるサイトです。
よく「生写真高額買取キャンペーン」を行なっていて、対象商品を持っていれば高く売れます。

駿河屋
https://www.suruga-ya.jp/

アイドルグッズの通販でお馴染み、駿河屋さん。
JUSTYよりは少し買取価格が安い印象ですが、JUSTYよりも高額買取の対象商品数が多いため、
売りやすいです。

店頭

店頭はあくまで一例のお店になります。

秋葉原リバティー
https://www.liberty-kaitori.com/

少し価格は低めですが、即現金化できるのが魅力です。
メルカリなどで売れなかったものでも、基本的になんでも買い取ってくれます。

中野TRIO
http://www.trio-broadway.com/index.html

こちらも同様に価格は低めですが、即現金化可能です。

オススメの売り方はコレ!

私も実践しているおすすめの売り方をご紹介します!

ズバリ、 メルカリ・ラクマ・ヤフオクがオススメです!

手順としては、

1.
まず、メルカリ・ラクマに売りたい生写真を同時に出品します。
その際、レート価格よりも少し高めに設定しておきます。
(例:レート4,200円の場合、最初は5,000〜6,000円程度で出す)

「商品は1つしかないけど2つに出してもいいの?」と思われるかと思いますが、
あらかじめ説明文に記載しておけば大丈夫です。
(「他のフリマサイトにも同時出品していますので、売り切れる場合がございます」など)

2.
数日待ってみて、売れれば最高ですし、もし売れなくても、少しずつ価格を下げていけば大丈夫です。
レート価格まで少しずつ落としていきます。
ただし、レート価格以下に落とすのはまだ早いので、あくまでレート価格間際まで、です。

3.
レート価格間際まで待っても売れなかった場合、メルカリ・ラクマにはそのまま出品しておき、
平行してヤフオクでオークション出品を行います。
スタートの出品価格をレート価格間際に設定してオークションにかけましょう。
もし、売れなかった場合、再度オークションにかける→売れない→再度オークション、の繰り返しになります。

あとは、売れるまで待つのみです!

少し時間がかかる場合もありますが、この方法が一番高く売れます。

もしどうしても売れない場合は、買取サイト「JUSTY」がオススメです。
レートより少し安い場合が多いですが手数料がかからないためお得です。

店頭で売ると、、、 正直、高くは売れません。
ただし、即現金化してくれますので、「とにかく今すぐお金がほしい」ケースは
店頭で売ることも検討しても良いかもしれません。

まとめ

生写真を少しでも高く売る方法、いかがでしたでしょうか?
レートを把握して、コンプのものをメルカリ/ラクマ/ヤフオクで売るのが基本です。

生写真を打ってみたいという人の少しでも参考になれたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です