生写真 全般

【乃木坂46】「生写真」について解説します【買い方・種類・サイズなど】

こんにちは!管理人のよこちゃん(@sakamichi_fan46)です。

坂道FANでは生写真のレートについて、調査して記事に書いていきます。

まず始めに、そもそも、「生写真って何?どうやって手に入れるの?」「CDに1枚入ってる、くらいしか分からない」と、全くわからない方もいるかと思います。

その方向けに少し解説をします。

乃木坂・欅坂・日向坂で、若干内容が変わりますので、まずは乃木坂46の生写真についての解説から始めます。

結論から言いますと、、

乃木坂46の生写真はめちゃくちゃ種類が多いし、かわいい写真が多いです!!

では早速見ていきましょう!

乃木坂46「生写真」の概要

「生写真」とは、乃木坂のCDに封入されていたり、イベント会場で買えたりする、下記のような写真になります。

1枚につきメンバーが1人写っており、メンバーごとにいくつか種類があります。基本的に選抜・アンダーに限らず、全メンバー分の写真が数パターンあります。

CD1枚につき生写真1枚入っていたり、ライブ・握手会の会場で5枚組み1000円程度で売られていたりします。

ただし、誰の写真をもらえるかは選択できず、すべてランダムで封入されています。

例えば乃木坂46の23rdシングル「Sing Out!」では乃木坂46メンバー43名×4タイプ=全172種のうち1枚が封入されています。

推しメンの4枚を集める(コンプという)のはかなり至難です….
そこで生写真の売買・トレードも頻繁に行われています。

生写真の種類

生写真の種類について、大きく分けると下記の3つに分類されます。

CD初回限定版特典


シングルを購入すると一枚封入されています。
全メンバー×3~4種類の生写真がランダムで封入されます。

まこと
まこと
全部集めるのは大変そうだ…

会場限定生写真

握手会やライブでの会場にて限定で販売されている生写真です。
基本的に1パック1050円で5枚入りです。

こちらも全メンバー×3種類の生写真がランダムで入っています。
ライブ会場や握手会会場での販売のため、毎回長者の列です。

また、1回の購入で「5パックまで」という購入制限がかけられています。

ゆい
ゆい
一番種類が多いのが、この会場限定生写真ですよ!

公式Webショップ限定生写真

乃木坂46の公式Webショップ(https://www.nogizaka46shop.com/)限定の生写真です。
会場限定版と同じく、基本的には1パック1050円で5枚入りです。
こちらも全メンバー×3種類が基本です。

もちろん、ランダム封入です(笑)

公式Webショップ限定版は購入制限はありませんが、販売受付期間は決まっています。

よこちゃん
よこちゃん
発送まで3〜4週間程度かかるので、いつも忘れた頃に届きます…

コンプしようとすると、かなりの枚数を買わないため、売買・トレードをするのが一般的です。

トレードについては別の記事に書きます。

生写真のサイズ

生写真のサイズは約縦127mm×約横89mmです。B7サイズ(91×128mm)に近いです。
身近なもので表現するとパスポートのサイズになります。

「ヨリ・チュウ・ヒキ」ってなに?

生写真のパターンは大きく3つあります。それが「ヨリ・チュウ・ヒキ」と呼ばれるものです。

ヨリ」とは顔のアップの写真です。
チュウ」とは上半身のみの写真です。
ヒキ」とは全身の写真です。

だいたい生写真は1人につき上記の3パターンが基本なので、
オークションなどで取引する際に分かりやすくする為のものです。

最近では、シングルに封入されている生写真は4枚のため、
「ヨリA・ヨリB・チュウ・ヒキ」となることもあります。

ヨリA・ヨリBは、タイプの違う顔のアップ写真です。

生写真の下帯について


上の写真の「2018.July」が下帯です。そのまま公式名称となります。

この名称は乃木坂46公式サイト(http://www.nogizaka46.com/)が生写真の販売を発表する際に決めています。

生写真の衣装について

シングルに封入されている生写真は、そのシングル(表題曲)の楽曲衣装です。

テレビや雑誌など、よく目にすると思います。ファンからも人気があります。

また、楽曲衣装は会場限定版で販売されることもあり、その場合は長蛇の列になること必至です。

会場限定の生写真は、楽曲衣装もあれば、それ以外も多いです。

 

公式Webショップの生写真は、会場限定と同じく楽曲衣装やそれ以外も多くあります。

特徴としては、成人メンバーの「振袖5枚セット」を販売していることです。メンバーの振袖姿は記念にもなり、ぜひコンプしたいものです。

まとめ

生写真について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

単純に「生写真」と言っても様々な種類・パターンがあります。
シングルを購入しなければ手に入れられないものだったり、会場にいけなければ手に入れられなかったり。

どれも可愛い写真が多く、せめて推しメンだけでもコンプしたいと思うファンは多いです。

この記事を読んで少しでも生写真に興味を持ってくれたら嬉しいです。

最後まで読んでいただき有難うございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です