生写真 全般

【2019年最新】乃木坂・欅坂・日向坂 〜 生写真の保管方法を徹底解説!

こんにちは!管理人のよこちゃん(@sakamichi_fan46)です。

今回は、生写真の保管・保存についての解説です。

生写真を買ったあと、皆さんはどうやって保管していますか?

一般の写真同様に、生写真は非常にデリケートですぐに傷がついてしまったり折れ曲がってしまうことがよくあります。

ファンにとっては非常に大事なものですので、しっかり保管する必要があります。

初心者の方は特に、生写真を保管する「入れ物」についてよく分からないと思います。

一般的にスリーブ・ファイル・バインダー・ケース・硬質ケースに入れて保管しますので、今回は「入れ物」を中心に解説していきます。

それでは詳しくみていきましょう

生写真のサイズについて

乃木坂・欅坂・日向坂の生写真の規格サイズは、
約縦127mm×約横89mmで、B7サイズ(91×128mm)に近いです。
ちょうどパスポートのサイズになります。

そのサイズを覚えておき、入れ物を用意します。

「L判(Lサイズ)生写真用」の入れ物を買えば間違いないです。

生写真の保管手順について

保管する手順は以下の通りです。

1.専用手袋をする

2,スリーブに入れる

3.ファイル/バインダー/ケース/硬質ケースのどれかに入れる

・一枚一枚、丁寧に保管するときはファイルかバインダーが便利
・まとめて全部保管するときはケースが便利
・数枚持ち歩くだけなら硬質ケースが便利

 

1つずつ詳しく解説していきます

専用手袋について

まず、写真に指紋や傷が付かないように出来るだけ手袋をしましょう。

白の綿手袋が良いです。

100均でもAmazonでも売ってあり、200~300円程度で買えます。

以下のようなタイプがオススメです。

Amazon:
ETSUMI 整理用手袋 フリーサイズ 2双入り E-5070

 

また、併せてマイクロファイバータオルも持っておいたほうが良いです。

気を付けていても指紋がついてしまうことはあるので、そのときにキレイに指紋を拭き取ることができます。


Amazon:
レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入

スリーブについて

次に「スリーブ」と呼ばれる生写真を保護する写真用の透明袋に入れます。

スリーブのサイズは「L版生写真用」になります。

下記のタイプが人気があり、安くてオススメです!


Amazon:
ふわねこ堂 L判 生写真用 ぴったりスリーブ (100枚)

 

スリーブに入れないと、生写真に傷が付いたり、折れ曲がったり、劣化したり、状態が悪くなります。

生写真は必ずスリーブに入れるようにしましょう。

スリーブに入れた後に、下記のファイル・ケース・硬質ケースに入れて保管します。

ファイル・バインダーについて

生写真をスリーブに入れたあとは、用途によってファイル(バインダー・フォトアルバム)・ケース・硬質ケースに入れます。

手軽に持ち運べて1枚1枚キレイに整理できるのはファイル(バインダー・フォトアルバム)です。1つで300枚程度は収納可能です。

ここでもサイズは「L版生写真用」になりますのでサイズを間違えないようにしましょう。


Amazon:
ナカバヤシ ポケットアルバム フォトグラフィリア 240枚 L判 ブラック PHL-1024-D

 


Amazon:
SEKISEI アルバム ポケット フォトアルバム 高透明 Lサイズ 300枚収容 L 201~300枚 ホワイト KP-300

 

生写真の「L判」と「Lサイズ」は同じ意味です。

収納枚数によって自分に合ったものを購入するのが良いでしょう。

ケースについて

あまり持ち運ぶこともなく、大量にまとめて保管しておきたいときはケースがオススメです。

下記のようなタイプだと、1つのケースで800枚も収納できるので便利です。


Amazon:
ナカバヤシ 写真分庫 ポストカードタイプ ハガキ800枚 収納 PHH-101CM

 

大量に保管できますが、持ち運びには向いていないので、用途によって先ほどのファイル(バインダー)と使い分けましょう。

硬質ケース(硬質カードケース)について

数枚程度の保管で良いなら硬質ケース(硬質カードケース)がオススメです。

場所を取らないので持ち運ぶ際に便利です。


Amazon:
ベロス カードケース 硬質 B7 CHB-710 10枚 透明

 

※間違えて「軟質ケース」を買わないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

生写真の保管方法が理解できたことと思います。
入れ物についてはスレーブ・ファイル(もしくはケース)を揃えてもそれほど費用はかからないです。
Amazonでも全部揃えて2000円程度で済みます。

生写真をトレードしたり売買したりする際も、状態によって価値が大きく変わります。

後で後悔しないよう、生写真は大切に保管することをオススメします!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です